HOME>特集>介護福祉士はフルタイムでもパートでも好条件がたくさん!

介護福祉士を取得するには?

介護福祉士として働きたいと思うなら、資格を取得しなければなりません。しかし、資格を取得するには、まずは受験資格を得る必要があります。受験資格を持つには2つの方法があるので、そこから見ていきましょう。

専門学校と実務経験どっち?受験資格の得方の違い

実務経験3年で受験資格を得る

介護福祉士の受験資格を得る方法として、介護現場での実務経験を3年以上積み、実務者研修を受けて資格を得るという方法があります。これは専門の学校に行くことなく仕事での経験年数を通して得ることができます。

専門学校を卒業して受験資格を得る

最も一般的なのが高校の専門課程や専門学校を卒業して受験資格を得るという方法です。学校では授業時間や実習時間などの必須条件を満たさないと卒業することができません。

介護福祉士はフルタイムでもパートでも好条件がたくさん!

女性

そもそも介護福祉士とは?

介護福祉士は介護を専門職とする社会福祉の国家資格となります。国家資格を取得することで、介護に必要な専門の知識と技術を身につけます。また、それを働く勤務先で同僚やスタッフに指導して伝えるという、現場のリーダー的な仕事を行うこともあります。この介護福祉士の受験資格を得るには専門の学校に行ったり、実務経験を積むなどいくつかの条件と方法があります。

手

資格取得のメリット

介護福祉士の資格取得のメリットとしては、正社員以外にパートなどで働く際も資格手当がついたり給与UPが見込めるということです。また、介護福祉の中で唯一の国家資格という事で介護職に就く際に1番に有効となる資格になります。なので、介護福祉士があれば病院や施設などどこの職場で務める場合でも、無資格者やその他の資格よりも最も評価されやすく好待遇となりやすいです。例えば、介護福祉士の資格取得者と無資格者の場合では月の給与が4万円以上も変わることもあります。

女性

仕事内容を覚えておこう

介護福祉士の資格取得者も基本的には利用者の身体介助や生活全般のケアなどを行います。また、介護福祉士の資格があれば、現場のスタッフへ指導をしたり助言をするなど、リーダーとしての資質を求められることも多くなります。その他にも計画書を作ったりなど書類作成もおこないます。パートであっても正社員であっても、介護福祉士として勤務したい方はこの仕事内容も覚えておいてから、経験を積み目指してみるといいです。

広告募集中